auひかりのホームタイプは7万円?! マンションタイプは4.5万円?!

2004年に東京電力がテプコひかり、というNTT以外に立ち上げたヒカリファイバー回線の業務をKDDIが引き継いだ形になったのがauひかりです。

フレッツよりもはやい1Gbpsとかなり話題になりましたが、昨年からフレッツも全国どこでも1Gbpsを利用できるようになり、また世界最速のnuroひかりも登場してきたため、存在が薄くなりがちです。

ただ、キャンペーンの手厚さで言うと、auひかりがベストといえます。

今回はひかりファイバーの代表的存在の”フレッツ光”とくらべてauひかりのキャンペーン、そして月額料金がお得なのかを解説していきます。

キャシュバックキャンペーンが熱い!

フレッツひかりは家電量販店などで、一時期3~5万円のキャッシバックを行っていましたが、ひかりコラボレションが始まったせいで、かなり減額されたようです。

表向きは3万円などとうたっていますが、余計なオプションなどをつければ、実際は1万円程度のかなり少ないわけです。

ですが、auひかりはホームタイプで7万円、マンションタイプで3.5万円とかなり好条件、しかも余計なオプションが不要です。

対応エリアはまだ狭く、未導入の集合住宅が多いですが、それでもこの条件はすごいと言えるでしょう。

※auひかりのネット代理店の金額です。

月額料金が安い!

フレッツひかりはプロバイダーを含め、6200円前後です。

ですが、auひかりは5700円、しかも年数が長いほどどんどん割引されていくシステムになっています。

また、auのスマホを持っていればスマートバリュー割引が適用になるため、かなりおトクと言えるでしょう。
(※1台あたり最大2000円引き)

初期費用(工事費)

フレッツひかりも昔は、工事料金の割引を起こっていましたが、最近は18000円かかります。

auひかりは30000円以上かかりますが、30ヶ月割引払いのため、実質は0円というわけです。

wimaxはどうなの?

最近は家庭内で家族みんなでインターネット、というのが常識でしたが、それぞれスマホを持つようになり、個人個人でwimaxルータを持つようになりました。

ちなみにwimaxの電波はUQ社(※KDDI系列)が提供しているため、セットで申し込むとスマートバリューmine月934円引き、が適用になります。

Leave a Comment